読了時間: 023(約239文字)

従来より4℃低い強冷自動販売機がアサヒ飲料から登場。

komikan0108

こみかんです。

アサヒ飲料は自動販売機メーカーと共同で、従来のコールド(約5度)の温度帯から庫内温度を4度低くし、強冷(約1度)の飲料が提供できる自動販売機の設置を5月から展開すると発表した。炭酸飲料の最盛期である夏に向けた施策なのは当然で、本年中に5500台の設置を目指すということ。

またアサヒ飲料は2016年に常温(約20度)の飲料を提供可能にした自動販売機も展開している(現在までにおよそ200台設置済)。

アサヒ飲料の牙城を崩せそうにはない。

関連記事