読了時間: 248(約1,681文字)

月5000円、夫婦なら年間で12万円の節約法!! 知らないと損する「格安SIM 格安スマホ」

komikan0108

格安スマホ節約ぶた貯金

はじめまして!!

私がおすすめする超節約「格安SIM 格安スマホ」「携帯代を大幅コストカット!!」です。
最近、この「格安SIMや格安スマホ」はちまたで話題になっていますよね。インターネットに欠かせないパケット代、IP電話に切り替えて電話代を半分以下に抑えて「かけ放題」などなど。

「格安スマホ」は1〜5万円以下で購入できるスマホで、SIMと合わせて使えば非常に便利です。
食費をちょっとずつ節約したり、毎日電気をこまめに消したりする節約ももちろん大事です。塵も積もれば山になるというのは簡単にはバカにできません。私自身、そういう「倹約」とこの「大幅な節約」を両立しています。「倹約」だけでも十分コストカットはできますが、月数千円のコストカットを実現するにはこのような契約自体を見直す必要があるでしょう。

1.悪い噂も多いけど本当に大丈夫?

これはとっっても大事な問題ですよね。格安SIMとといえば、大きな話題になっているぶん、いい噂と悪い噂の両方ともよく耳にします。でもひっくり返して言い換えれば、それだけの数の人たちが携帯代を安くしたいと試行錯誤しているということです。
◯電波は大丈夫かな?
◯やっぱりドコモやauの方がサービスもいいんじゃないの?
◯安くなるけど、契約の細かいところがややこしいって聞くよ?

大丈夫です。あくまで私の体験から物を言うことしかできないのですが、上記に挙げたような「勘違い」している問題については心配する必要がありません。現在では「格安SIM 格安スマホ」ともに家電量販店でも購入できるくらいポピュラーな商品に成長していますし、いつも通販サイトなど、インターネットでお買い物をするような、インターネット手続きに慣れているような人にとっては契約も非常に簡単いつもインターネット使わないけど、携帯代気になるんだよねという方は、ほんの少しインターネットに慣れ親しむ機会だと思って、ご家族の方と「格安SIM 設定」と調べてみてください。すると思った以上に多くの情報が出てきます。一度設定すれば済むので、月数千円をコストカットできるとポジティブに切り替えて挑戦してみましょう。

2.使ってみて実際節約できた金額は? デメリットは?

まず大事なデメリットから挙げましょう。
比較的、ほとんどの部分で私はこの「格安SIM 格安スマホ」に満足しています。ですので、1つデメリットを挙げるとするならば、やはり「電波の強弱」ですね。と言っても、「普段使いで困るというようなほどではありません」。一応キャリアの電波を借りて受けているわけですが、やはり大手キャリアよりは電波が弱いところがあります。例えばドコモでは問題ない場所でも、格安スマホでは電波がない、なんていう場所もありました。特に地方住みの方にはこれは大きいかもしれませんので、契約する前に事前に店頭の方やインターネットの口コミ情報で確認する必要があると思います。

普段使いとしては、主婦の方やお子様など、そんなに電話をすることがなく、SNSやネットサーフィンしかしないような方にはまったく問題なく利用できるでしょう。私の場合は、以前は月8000円くらい払っていた携帯代が、現在はなんと月3300円程度と、およそ5000円近くものコストカット(節約)を実現しました。夫の携帯代を合算すると、月にしておよそ1万円もの節約です。1万円あればもっと物を買えますし、日々の食材だってもっといいものを買えますよね。子どもたちにもおいしいご飯を作ってあげられますし、外食を月に1回増やすことだってできます。
一年間だとなんとおよそ12万円もの節約になり、また「日々の倹約」よりも目に見えて効果のある節約だと思います。ストレスも少ないですしね。

最近では数多く格安スマホを取り扱う会社が増えましたので、月の生活費にプラス5000円、夫婦なら1万円の節約をしたいという方は、とっかかりにくいのはわかりますが、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事