読了時間: 131(約914文字)

4月から新生活を送るあなたへ。または春眠寝ぼすけなあなたへ。気持よく起きれる方法2選!!

komikan0108

朝すっきり起きる

 

さて、もう4月ですよ。一年とは非常に早いものですね。

特に年をとるにつれて、日々の時間が早く感じるようになってどこか寂しいものです。で、この4月には新しい生活を始められる方もきっと多いことでしょう。春眠暁を覚えず。4月の朝は非常に眠いもので、なかなか起きられません。今回は

目覚まし時計にたたき起こされずに、楽に起きられる方法はないものでしょうか?

という問題を解決するお話をしたいと思います。といってもこれは非常に簡単なお話です。じゃあ早く寝るようにとか疲れてるのが悪いとかそんな理不尽なことは申しません。もちろんこれらは大事ですが、あくまで今回は「気持ちよく自然に、時間通り目を覚ます方法」をご紹介します。

1.4月ならでは。特に5時頃に起床したいという早起きさんへの方法

就寝前にカーテンを全開にしてください。終わりです・・・(笑) あ、レースの薄いカーテンは閉めておいても構いませんよ。
まず1つ目の方法は、「お日様の光」で目覚めるのです。遅起きさんはご存知でしょうか。この時期の朝は、もう5時にはずいぶん明るくなっています。そして、人体は日の光を浴びる、紫外線を浴びると体が目覚めるようできています。古来からの習性というんですかね。どんな遅起きさんも陽の光を浴びれば一度は必ず起きるはずですし、二度寝三度寝さんも、窓の近くなら、目を覚ましたのはおそらく「まぶしかった」からではないでしょうか。

2.寝る前に自分に言い聞かせる

単純ですーーが、これは「効果がある」と断言できます。本当かと疑う意見の方が多いと思いますが、自己催眠、暗示などと呼ばれるものがあるように、特に「声を出して自分に言い聞かせた」場合は非常に大きな効果があると思っています。例えば「〇〇〇をやるぞ」と意気込んでから始める仕事といつも通り頭の中で「まあやるか」と始めた仕事では、成果と速度が大きく違います。要はやる気というあれです。自分に喝を入れるのです。また声を出すことよって、いよいよやる気が生まれます。
単純ですがバカにはできないこの2つの実践法。
合わせて試してみてはいかがですか?

関連記事