読了時間: 16(約661文字)

洗い物のコツを教えます。手順を変えることも大切ですよ?

komikan0108

皿の溜まったシンク

家事担当初心者、60歳のおじさんです。

食器類の洗い物をしていて思うことがあります。

シンクの広さにもよると思いますが、洗いボールと三角コーナー邪魔ですよね。

使い終わったら皿や茶碗などを洗いボールに入れて、浸け置き洗いに備えるのですが、いざ洗おうとすると三角コーナーがとても邪魔・・・。

ですから、洗い物を始める時には、まずそれをシンクから取り出します。次にスポンジに洗剤をつけて洗い始めます。洗い物の数が少ない時はいいのですが、たくさんあったり、大きな皿や鍋などがある場合は、洗剤のついた洗い終わった食器でシンクがいっぱいになり、今度は洗いボールが邪魔です。

隅においやるのですが、結構大きめではばをきかせているのです。何も考えずに仕事を進めると効率の悪さに少々イライラする時もあります。

そこで、最近は洗う順番や濯ぐ順番を考えて実行するよう心がけています。大きい皿や平らな食器、鍋が先になります。次に茶碗や小皿を洗い、先に洗った大きな皿に乗せたりや鍋の中に入れたりします。

最後が箸類です。濯ぎは順番が逆になります。食器類を水道の蛇口付近に集め、まずは箸類を濯ぎます。併せて手についた洗剤も流します。

次は小さな食器になりますが、重ねた場合、下にくる食器から順番に濯ぎ、重ねて置き場を確保します。最後にスポンジに残った洗剤で洗いボールを洗い、三角コーナーを戻し、作業終了です。

限られた広さのシンクまわりの効率的な使い方に頭を悩ましている今日この頃です。

関連記事