読了時間: 053(約530文字)

2016年人口8,800万人に減少。一億人を切る。今後日本はどうするの?

komikan0108

人並み

ニュースで日本の人口が2065年には8,800万人に減ってくるとのことを報じていました。

この数字は、前回予想したより減る率が低くなっているとのことです。ただ将来は1人の高齢者を1人の働き手が支えなくてはならなくなっている肩車の状態になると言われています。

日本の人口が減るとかなり前から言われていました。

そのため政府も働き方改革を言っています。ただ働き方改革ばかりでなく、子育て支援も必要だと言われています。そのため高齢者向けの予算を子どもの福祉や教育にもっと振り分けることが必要だとも言われています。

最近は、宅配業者が人手不足を解消するため運賃の値上げを検討しているとのことです。このことによって運転手のなり手を増やしたいとの思惑もあるようです。また近年は非正規雇用者が増え結婚できない人が増えているようです。

働き方改革により、長時間勤務を解消し、賃金を上げて若い人が結婚できるようにすべきだし、子育てをしながら働けるようにすべきなのでしょう。

また人口減に備えて移民の事も検討してみる必要があるのではないでしょうか。その際には移民も日本の一員として処遇することも検討するべきではないかと思います。

関連記事