読了時間: 37(約1,873文字)

WP Super Cacheを安全にアンインストール(ロリポップ、Xサーバー)

komikan0108

WP Super Cacheを安全にアンインストールする方法

「WP Super Cache」と言えばキャッシュ系プラグインで検索すると必ず上位に表示される有名なプラグインです。ですが、これら上位に表示され、「WP Super Cache」をすすめる記事の情報はたいがい全部古い。
そのため、間違ってインストールした、してみたものの不具合が多かったという方のためにアンインストールの手順を記しておきます。
手順は、おおまかには同じなのですが、「ロリポップサーバー」と「Xサーバー」で若干違うかも知れませんので、簡単に違いも書いておきます。主軸にして説明するのはロリポップサーバーの削除法です。検索してもあまりないようなので。

1.まずwordpress側の設定

プラグインをすぐにでも停止したいわけですが、「WP Super Cache」はそうはさせてくれません。「停止」を押すと必ず「wp-config.php」を書き換えるように指示が出るはずです。

この時点ですぐにサーバーに行ってもいいんですが、書きなおして、停止して、すぐに削除すると「wordpress」がぶっ壊れる(or不具合)可能性があります。

まずwordpress側の設定として、

キャッシング停止

「WP Super Cache」の設定画面に入って、「キャッシング停止」を選択しましょう。その後、ステータスの更新をクリックします。

次はこれまでのキャッシュを削除します。
「キャッシュを削除」をクリックし、次の画面でもう一度、「キャッシュを削除」をクリックします。

キャッシュ削除

これでひとまずwordpress側の設定は終わりです。ここまでは「ロリポップ」も「Xサーバー」も同じです。次のサーバー側の設定が、若干違うようです。

サーバー側の設定

行うのは3つの手順です。まず1つめ /wp-content/ にある

  • cacheフォルダ
  • advanced-cache.php
  • wp-cache-config.php

を削除します。
cache,php削除

その後、 / に戻って wp-config.phpを編集し、

  • define(‘WP_CACHE’, true);

という文字列を削除してください。
wp-config.php

このとき、Xサーバーは若干違うのかも知れません

写真はありませんが、Xサーバーの方はこちらをどうぞ↓
ドメイン/public_html/wp-content/cache/.htaccess を編集して

  • # BEGIN WPSuperCache〜 # END WPSuperCache

までを削除するようです。また、ロリポップの場合(少なくとも私の手順は)これからプラグインを停止するのですが、Xサーバーは「キャッシング停止」をした時点で「WP Super Cache」を停止できるかもしれません。

次にいったんwordpressに戻り、「WP Super Cache」を停止します。

wp-config.phpを書き換える前は停止できなかったと思いますが、これで停止できるはずです。エラー画面にそう書いてあったので(笑)
プラグイン停止

それからまたいったんサーバーに戻り、今度は /wp-content/plugins/ にある

  • wp-super-cacheフォルダ

を削除します。
wp super cahceフォルダ削除

これでサーバー側の設定が終わりました。

最後にWP Super Cacheを完全アンインストール(削除)

最後は「ロリポップ」も「Xサーバー」も同じです。
「設定」→「一般」に入り、

WP Super Cache完全削除

最下部の「変更を保存」とクリックします。するとインストール済みプラグインからも設定からも、完全に「WP Super Cache」が削除されています。

WP Super Cacheは使わないように。キャッシュ系の教訓

今回、「WP Super Cache」を使った方は災難でしたね。特にwordpressを始めたばかりの方が多いかと思います。Googleで検索をかけたら、まず出てくるキャッシュ系プラグインがこれだと思いますので。
削除さえきちんとすればキャッシュ系プラグインをインストール、アンインストールを繰り返していいものを探し出すことができます。
キャッシュ系プラグインは管理ファイルに手を出していることが多いので、くれぐれも気をつけてくださいね。

関連記事