読了時間: 213(約1,333文字)

jackでHDMI出力するための手順[ubuntu studio,その他Linux]

komikan0108

この記事の対象となる方

  • Jackを通して音楽を楽しんでいる人
  • ubuntu studio等で遊んでいる人

まずこの記事をまとめようと思ったきっかけ

この記事をまとめようと思ったのは、僕自身がJackを通してふだん音楽を聞いていて、ふとHDMI出力をしたくなったものの、少し考えたからです。

Googleで検索をかけ、この記事にたどり着いた方はもれなくこのJackを使っている、あるいは興味がある方だと思います。

僕はあいにくスピーカーを持っていないので、ふだんHDMI接続でテレビで動画を見るように、テレビのスピーカーで見れないものかと思い立ちました。

出力先を変えればいいだけよねと思いつつ、なかなかうまくいかなかったので、検索してみると、なかなか記事が見つかりません。

ので、こうしてまとめました。

最近はubuntu studioなどでオーディオ関連を目的に、Linuxに興味を持つ方も多いようなので、同じようにHDMIしたいという方の役に立てば良いです。

ただ、すること自体は簡単でした。

Jackで出力先を変えるのは、やっぱり出力先を変えるだけだった

pulseaudioでHDMI出力をするのはとても簡単ですよね。pavucontrolを入れて、出力先をHDMIに変えるのみです。

で、Jackを使ったことがある方はわかるでしょうか、jackの場合、qjackctlのSet upから変更します。「Interface(僕は英語のままです)」の項目ですね。Set upを押すとすぐに出るはずです。

で、このInterfaceの項目ですが、ドロップダウンしてもHDMIの項目はありません。「hw:MID」みたいなのはあると思います。

この「hw:MID」が出力先なのは間違いないので、ここをHDMIに設定してやります。

まず、ターミナルを起動し、

 

aplay -L

 

と実行してください。

すると、以下のような画面がでると思います。

aplay -L

出たでしょうか。

この中から、

 

hdmi:CARD=MID,DEV=0

 

というのを探して下さい。HDMI接続していればあると思います。

hdmi:mid

これをqjackctlの「Interface」に直接書いてやります。

 

interface

 

これで終わりですね。

僕の環境ではこれで、一度ログアウトし直したら、すぐに音が出ました。

まあ、スピーカーをいずれ買おうと思っているので、それまでのしのぎですよね。

jackは音がよくなるぶん、なかなか設定がしにくいという人が多いというのもひとつの側面です。

pulseaudioを使わず、youtubeとかを見たいとかいう人はjack-sinkを使って欲しいです。

いずれその記事もまとめるかもわかりませんが、ubuntu,linux,jackのがもっと広く使われたらいいなと思います。

関連記事